福祉国家を目指すなら老人ホームの数を増やすのが一番

subpage01

日本は世界でもまれに見る高齢化が進んだ国になっています。



今後は高齢者の福祉について、もっと真剣に考えていかなくてはなりません。
現在でもたくさん老人ホームはあるのですが、圧倒的に数が足りなくなると予想されていて、この問題の解決がまず第一に必要だとされています。


老後を安心して過ごすためには、今よりももっと老人ホームを増やさなくてはいけませんし、介護士の数もまだまだ増やしていかなくてはいけません。


ただ、万全の福祉を実現するためには少子化がネックになります。
子供の数が減って、人口そのものが減っていき、介護をする人材の確保だけでも難しい時代がやってくるのです。


可能な限り労力のかからない老人ホームを作ったり、自宅介護をさらに推奨していくなどの工夫が求められています。

また、シルバー人材の活用を介護の世界でもやっていくべきだという意見もあります。

高度な福祉が実現できれば、世界のお手本となることもできるでしょう。


人口ピラミッドの偏りとどのように付き合っていくべきかという答えを導き出せるのは、日本を始めとした現実に高齢化に直面している国である可能性が高いです。

そのことを肝に銘じて、国の政策レベルで新しい工夫をしていかなくてはいけません。



医療費の増大は避けられませんから、どのように税収を上げるかも課題となります。そのためには国を挙げて何かに投資したりということも必要になるかもしれません。



景気の回復も非常に重要なことに違いありません。


よく解る情報

subpage02

利用者が安心できる福祉施設の老人ホームは、福祉サービスを提供する事業所がはっきりしたビジョンをもって運営し、利用者の生命維持・安心・安全が守られているということが第一です。そして運営の透明化・明確化が図られていることが肝要です。...

NEXT

介護の話

subpage03

介護保険制度の導入により、特別養護老人ホームの入所申し込みは、従来の福祉事務所を通じて行うものの措置制度から直接施設へ行く契約制度に変更となっています。福祉事務所を通じて申し込む方法から保険として施設を選択して自由に申し込めるようになったことから、各施設は従来に比べ非常に多くの待機者を抱えるようになっています。...

NEXT

介護をよく学ぶ

subpage04

有料老人ホームは、高齢の方にとって安心できる場所であることが一番ですから、入居前にいくつか押さえておきたいポイントがあります。まず、実際に入る前に有料老人ホームの見学はしておいた方が良いでしょう。...

NEXT

身に付けよう

subpage04

有料老人ホームと一口にいっても、施設のサービスはそれぞれ異なります。医療行為に主眼を置いている施設になると、利用者が病気になっても有料老人ホームで暮らし続けることができるように看護師が24時間常駐していつでも医療行為を受けることができます。...

NEXT