福祉施設の老人ホーム

subpage01

利用者が安心できる福祉施設の老人ホームは、福祉サービスを提供する事業所がはっきりしたビジョンをもって運営し、利用者の生命維持・安心・安全が守られているということが第一です。



そして運営の透明化・明確化が図られていることが肝要です。事業リスク軽減と全体最適化による持続的成長の実現のため、経営には効率的運営プロセス実現と経営資源の余力、顧客満足度向上と需要のさらなる喚起、福祉介護サービスの質の向上の実現などが求められます。そのためには、しっかりとしたビジョンの存在が必要です。
ビジョンをもつことによって、顧客のニーズを知ることが出来、学習し、成長する組織をつくること、サービス提供プロセスをつくること、持続・発展できる財務体質をつくることができるのです。
契約制度では、契約する老人ホームは法人であり、利用者の安全に対し責任を負う立場にあります。

福祉介護サービス提供上の過失は法人の責任となります。



従業者、ボランティアは法人が契約を結んだ内容を履行するにあたっての履行補助者として法律的に位置づけられているため、これらの履行補助者の過失により契約内容が履行されない場合は、常に法人が債務不履行責任者という形で責任を負います。

また、これらの者の不法行為についても、法人の使用者責任が問題となります。さらに、人権などを含めてより広い意味で考えた場合にも、利用者は法律的な権利者となります。

All Aboutの最新情報が知りたい方にはこちらです。

老人ホームにおけるリスクマネジメントの考え方をしっかりと持つことが法人として求められます。