有料老人ホームは施設によってサービスが異なる

subpage01

有料老人ホームと一口にいっても、施設のサービスはそれぞれ異なります。

医療行為に主眼を置いている施設になると、利用者が病気になっても有料老人ホームで暮らし続けることができるように看護師が24時間常駐していつでも医療行為を受けることができます。



胃瘻や鼻腔栄養、インシュリン注射といったものからガン末期やターミナルの状態での看取りまで行ってくれるところもあります。その一方で、医療行為は充実していないけれども、施設内のイベントやハード面を充実にさせている有料老人ホームもあります。

自分に合ったOKWaveに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

例えば施設内に入居者一人一人にちょっとした畑が用意されており、ボランティアの指導のもと家庭菜園を楽しむことができるといった所もあれば、施設内にプールを作り水中ウォーキングを行ってリハビリや歩行訓練を受けることができるというところもあります。

もし、施設で提供される食事を食べたくないという人は居室にキッチンがある有料老人ホームを選ぶと良いでしょう。

キッチンと流し場があることで自分の食べたい食事を毎日楽しむことができるとともに、調子が悪い時や施設の食事でおいしそうなものがあったときには施設に依頼して作ってもらうことができます。
施設ごとにサービス内容は大きく異なります。
入居する前に見学をするとともに施設の職員から詳しく話を聞くことが大切です。



施設によってはお試しの宿泊ができるところもあるため、利用してみるとより一層イメージしやすくなります。