有料老人ホームを選ぶ時のポイント

subpage01

有料老人ホームは、高齢の方にとって安心できる場所であることが一番ですから、入居前にいくつか押さえておきたいポイントがあります。まず、実際に入る前に有料老人ホームの見学はしておいた方が良いでしょう。



そうすれば、どのような設備が整っているかや、部屋の広さや明るさなどをチェックすることができるからです。


この時にチェックすることのひとつとして、有料老人ホームの中にバリアフリーが整っているかを確かめることが大切です。



高齢者の場合、車椅子で生活する方もいますし、現時点では歩けるとしても、この先足が不自由にならないとも限りません。


ですから、車椅子でも生活できるためのバリアフリーがきちんと整っているかを見極める必要があります。

段差などに不具合がないか、壁にも手すりが付いているかどうかなど、チェックするポイントはいくつかありますので押さえておきましょう。

有料老人ホームを選ぶ際には、このように設備の状態を確認することも大事ですが、入居者やその家族に対してのフォローが整っているかどうかも大切です。



例えば、入居者が病気になった場合、きちんと家族に連絡をしてもらえるかなどのシステムが整っているかも重要です。その他にも、有料老人ホーム内にスタッフが何人いるのかなどを確認しておくことも大事になります。

これらのことは、実際に入居する方にとって、安心して生活できるかどうかを判断する材料になりますので、事前に把握することがポイントです。